気ママなブログ

Posted on 2018-04-03
ついに資産運用に手を出してみる

IMG_9301_reATMの記帳音が大好きなコピーライターはちがです。

いきなりですが、メガバンクの金利0.001%のこのご時世、
100万円預けてたって利子はたったの10円ですよ!

安易にコンビニとか時間外でお金を引き出してる人、1回216円の手数料分を利子でもらおうと思ったらいくらの貯金がいると思いますか?
2160万円ですからね!!

なんかもう怖くないですか!?
私は怖いです。

ということで資産運用について本格的に考えはじめました。
ネットバンク、定期預金、純金積立、株、投資信託、NISA、ideco…
かなり調べて賢くなってます。

恥ずかしい話、数日前まで「円安」「インフレ」すら危うかった私が、
「NYダウ」
「ドルコスト平均法」
「インデックスファンド」
「アセットアロケーション」
「損切り」
「IPO」

こんな用語を使いながら、昼間調べ上げた情報を帰ってきた旦那にひたすらしゃべりまくる毎日です。
正直かっこいいですよね〜(ほれぼれ)。

それに「なぜ今プラチナの価値が下がっているのか?」とか「今日のNYダウはどうして下落したのか?」とか調べていると、世界情勢やトレンドが少しわかったような気になってきて楽しいです。

55b6b183f316a51ae4fdb6c509cb1835_s
んで、我が家なりの資産形成の方向性としては、
*住宅ローンの借り換え
*貯蓄口座の変更
*余剰資金の運用
*NISA(旦那)
*ideco(旦那)
*つみたてNISA(私)

まずはこの辺りですね。
もちろん株主優待もチェック中。
また随時報告などできたらと思います。

そもそも、節約が趣味の私にとっては当然ですが、家計のチェックをはじめ、携帯、電気、ガス、水道、ネットなどの契約関係もしっかり総ざらえ、各種ポイントの賢い貯め方やクレジットカードの使い方なども徹底しています。

未だにポイントやクーポンをバカにする人がいますが、
私は各社のポイントだけで年間20万円ほどゲットしています。

私の節約の3大モットーは、
楽しむこと、無理をしないこと、どうせもらえるものだけもらう。
です。
間違っても、遠くのスーパーまで10円安い玉子を買いに行くとか、長時間かけて並んで特売品をゲットするとかはやりません。

だいたいさぁ、デザート付きの高いランチを食べながら私に節約方法を聞いてきたり、「お金が貯まらない〜」と嘆いている人こそ何も工夫していない気がします。
(例に挙げたATMの手数料とか、平日おろしとけよ!と言いたい)
節約情報や方法はスマホで簡単に手に入りますから、わからないことはまず調べてみるのがいいですよ。

また、節約とは「お金を使わないこと」だけではありません。
1000円節約するよりも、1000円を稼ぐ方法を考えてみるのもひとつです。
自分の時給がわかれば時間の価値がわかり、何が無駄で何が有益かの判断もつきやすくなりますよ。

…と偉そうに話す私もまだまだ勉強中。
女性が賢く美しく生きられるよう、公私ともに活動していけたらと思います。

 

Posted on 2018-04-01
一足早く潮干狩りへ

IMG_9372_reこんにちは。長女が春休み中ということで、いつもより一日があっという間に終わってしまうここ数日… 自分の時間が無さ過ぎて悶々としているcanappeです。そんな時は最近はまっている米津玄師の曲を聴いてモチベーションを上げます♡

さて、毎日が休日のような春休み、今日は何しよう?あれしよう!これしよう!と子どもが少しでも楽しめるようにと毎日必死に考えてがんばっています。なので旦那が休日のこの土日、少しくらい自分の時間ができるかな!と思っていたらそれは大間違い!!なんと、会社の同僚と2日連続で潮干狩りに行ってしまいました!!そう、潮干狩りに行ったのは家族でではなく、旦那一人で!!!いやいや、車も使えないし、残された私達どうしたらいいのよ?せめて1日にしてよ!と、あまり納得いきませんでしたが、まぁ実際のところ旦那がいない方が気ラクなことも多いので許可しました。

そして潮干狩り1日目の昨日、持ち帰ったのはまぁまぁの量のアサリ。まぁ、こんなもんか… しかもアサリは砂抜きしないといけないのでその日は食べられずおあずけ!

さて、2日目の今日、なんと持ち帰ったのは大量のはまぐり!!!

はまぐりクーラーボックス

 

 

 

 

 

 

 

手前のボックスの端っこにアサリの殻をおいて大きさ比べ!この大きさ伝わりますか?

これにはさすがテンション上がりました!!だって国産のはまぐりって買ったらいくらする?!そんな高級はまぐりがこんな大量って!!!

はまぐり

 

 

 

 

 

 

 

そんなはまぐりに醤油とマヨネーズをかけてトースターで焼いていただきました。焼きたてアツアツを食べたらこれがまた最高で、肉厚な身に濃厚なはまぐりの味、そこに醤油とマヨが良い仕事してくれて、ビール(ノンアル)によく合うー!!!その瞬間、この2日間育児放棄した旦那を完全に許しました!(笑)もう、一生のうちでこんなに沢山のはまぐりを食べることはないでしょう。そんな興奮の中、次に昨日獲ってきたアサリで作った酒蒸しとクラムチャウダーを食べましたが、アサリのインパクトの薄いこと…

あさり酒蒸し

 

 

 

 

もちろん、アサリだっておいしかった。でも、はまぐりのインパクトが強すぎてね(;^ω^)

あと、2~3日はまぐり堪能できそうなので、それを楽しみに明日からまたがんばろうと思います!

あっ、アサリは冷凍できるみたいなので、これから潮干狩りに行く予定の方で、沢山獲れすぎて困った!なんて時には、砂抜き&塩抜き後にジップロックに入れて冷凍庫で保存もおすすめです。

 

 

Posted on 2018-03-31
まだ雪の残る飛騨高山で過ごす春休み

IMG_9405_reこんにちは!
先日、スーツ姿で真面目に熱唱している吉幾三につい見惚れてしまったウシマルです。
昔からいつもふざけている人が時々見せる真剣な姿に弱かったわけですが、男性に対する免疫力が落ちすぎてここまできました。Hello,world!

***

さて私は今、子供の春休みを利用して飛騨高山の実家に長期滞在しています。

東京で生まれ育った方はよく「田舎があっていいなあ」と言ってくれますが、
確かに子供にとって普段生活している環境とは全く違うところで過ごす日々は楽しいだろうなーと思います。

特に地元は降雪地帯なので、冬は雪遊びも子供たちの楽しみ。
東京出身の主人も未だに雪を見ると大喜びでスコップ持って飛び出していき、
かまくら、滑り台、ジャンプ台、「マリオコース」(私はいつも詳細不明)とやらを何日もかけて建築しています。
こうしてすっかり疲れ果てた状態で主人はいつも東京に帰って行くのですが、私は庭でひたすら遊ぶ子供らを暖かい室内から見守ることができるわけです。

さすがに今回は庭の雪はすっかり解けていましたが、まだオープンしているゲレンデも近場にあるのでスキーとスノーボードを楽しむことができました。
前回悪天候の中でも無理してリフトに乗ったら、どんどん勝手に滑っていくスキーの次男と、上の方でコケているボードの長男のどちらも見失いそうになったりして私の精神衛生上非常によろしくない状態になったので、技術向上するまでは暫くリフトではなく「ムービングベルト」なる、スキーをはいたまま乗れるオートスロープ的なものを利用することに。

上に主人、下に私と二手に分かれ、ベルトコンベアで運ばれてくる物の検品作業のようなスタイルなのでこちらとしてはゲレンデがとけるほど恋したいでも口ずさんでないとやってられない感じなのですが、黙々と下に降りてきてはまた上へと運ばれてゆく息子たちの時折見せる笑顔やお手振りにもきちんと対応。なぜなら非日常だから。普段だったらやるべき家事も山ほどあるし、こんな長時間ただただ子供を見ているという状況自体がありえません。

しかし「せっかく帰省しているのだから普段と違う経験させてあげないとヤバい」みたいな気持ちに縛られている自分がめんどくさいなとも思いつつ…
明日は明日とて牧場へでかけてきます、東京でも休日で行ける距離にマザー牧場あるけどね。なんならバンジージャンプもある。あとイメージガールがかわいい!

でも実際には私がそんなにお膳立てせずとも、子供たちは庭に咲いたオオイヌノフグリをたくさんつんで水をはったバケツに浮かべて喜んでいたりしてるんですけどね。

不明

 

ちなみにこれは私へのプレゼントと言ってくれたのですが、
オオイヌノフグリは漢字で書くと「大犬の陰囊」、つまり犬の睾丸だそうです。ありがとう。
めいっぱい自然と触れ合ってくれたらいいです。

 

 

***

しかしなんといっても今まで子供たちが一番非日常を味わってんな~と感じた瞬間は、初めてホタルを見た時でも手づかみで捕まえた魚を焼いて食べた時でもなく、
父親が家にかかっていたアシナガバチの巣を落として、その中にあった蜂の子を爪楊枝で取って生で食べた瞬間です。
「ウワァーーーーーーーーー!!!!」と悲鳴を上げて尻もちをつく息子たちの姿は間違いなく今までの人生イチのリアクションでした。国内でまさかここまでの異文化コミュニケーション。
まあそう言う私もゲテモノ料理が登場した時の美川憲一くらい嫌がってましたね。
田舎の人=蜂の幼虫を生で食べる人ではないので、くれぐれも誤解のないようお願いします。

 

Posted on 2018-03-19
子どものファーストシネマに映画しまじろうを!「まほうしまのだいぼうけん」感想

IMG_9333_re
近ごろ、花粉が辛くて辛くて外に出られないライターの芝田です。
薬を飲むと眠くなっちゃうんですよね。だからひたすら、薬に頼らず自分との戦いの毎日です。
つ、辛い…。

そんな中、先日娘の幼稚園が卒園式のためお休みだったのですが、公園なんて花粉が恐ろしくて行くことができず。結局2人で映画館に行ってきました。
4歳の娘は映画初体験です!

そんな娘が選んだ映画は
「映画しまじろう まほうしまのだいぼうけん」

映画予告編はコチラ↓

 

初めての映画館なので、劇場に入る前に娘と確認をします。

・大きな声は出さないこと
・ちゃんと席に座ってみること

万が一他のお客さんの迷惑になるようなことがあっては困るので、しっかり言い聞かせ、60分間集中して見てられるかなぁと不安ながらも映画スタート。
するとなんと!映画が始まる前にしまじろうが出てきて一言。

・この映画は大きな声出してもいいよ!
・みんなで歌っておどろう!
・赤ちゃんは泣いても大丈夫!みんなも優しくしようね!

要約するとこのようなことを言ったので私はズコー(古い)。

さすがベネッセ!子供のことよくわかってる!やさしい!やさしすぎる!

娘は「え?一体どっちなの?声出していいの?だめなの?」とわけがわからずハテナ状態。そんな子どもに優しい映画であること、下調べしてない私が悪かった。ごめんよ娘…。
さらに上映時間60分と他の映画に比べ少し短めなのですが、
間に6分の休憩も入り、上映中ジュースを飲んでいても安心してトイレに連れていけるというしくみになっていました。

幼児や赤ちゃん、そしてママに本当に優しく出来てる映画なんだなぁと感心しきりです。
映画の最中にも声を出してしまじろうを応援したり、一緒に歌ったりと子どもが映画に参加できる形になっていてより楽しめます。
こんなに子どもに優しく楽しい映画なら、4歳まで待たなくても
しまじろう好きがピークだった2〜3歳のときに連れて行ってあげればよかったなぁと少し後悔するほどでした。

そして、肝心の映画の内容ですが、私は感動で大泣き。
娘が「ママどうしてそんなに涙がでているの?」と心配するほどボロ泣きしてしまいました 笑。

実は私、しまじろうっていわゆる理想の息子像で、典型的ないい子だなぁってなんて思っていたのですが
意外にもそうではなくて、反抗したり、いたずらしたり、普通の子なんですね。
でもやはり根は素直で、優しくて、友達思いの優しい子。
なんでこんなにいい子なんだろうって考えてみると、しまじろうの周りの大人達がみんな素敵なんです。

しまじろうの自立心と、心配からくるお母さんの干渉でぶつかる親子。
でもお母さんの、葛藤しながらもしまじろうを信じ応援する姿、そして強さがとても素晴らしかった。
他にも、それを支える発明家のガオガオさんや魔法使いのおばあさんベルナも素敵だったなあ。
親の目線から見てもしまじろうのお母さんの気持ちはよくわかり、考えさせられることが多かったです。
私ももっと子どもを信じ、応援してあげたい、一番の味方でありたいなぁと改めて感じました。

まだお子さんが小さくて、他の人に迷惑かけちゃうかも…。
泣いちゃったらどうしよう、騒いじゃったらどうしよう、トイレに行きたくなったらどうしよう。
などなど心配事がたくさんで映画館に行くことを悩んでいる方、このしまじろうを映画デビューにぜひ!
しまじろうも優しいし、周りも小さなお友だちばかりで、赤ちゃんでも大丈夫。
みんなで泣いて笑って映画に参加して、楽しい時間が過ごせるはず。
きっとお子さんだけじゃなくお母さんお父さんも、みんなで観に行ってよかったなぁと思える素敵な映画だと思いますよ。

IMG_6826

 

 

 

 

 

※映画終了後、すっかりまほうしまの虜になった娘・4歳。一日中「ティンガディンガブー♪(魔法の言葉)」を歌ってました。

 

Posted on 2018-03-09
「○○と言えば…」でつながる最近の個人的ニュース。

IMG_9301_re先日自分の年齢を再確認したばかりの私ですが、20年ぶりに髪を短くしようとショートボブにしました。

「短く切って中学生みたいになったら困るなぁ〜」
とパーマもかけたら、なんと実年齢よりも老けてしまいました。
この年になったら幼く見えれば万々歳。

さてさて、先日ウシマルがブログでフィギュア羽生くん愛を語っていましたが、
私はまだどうしても「羽生」といえば将棋の「はぶさん」、羽生義治竜王を思い浮かべてしまうのです。
b33bf708f831698a9390b66b81ebe4f5_s
そして2月17日は、
2018平昌冬季オリンピックのフィギュア羽生くんの金メダル獲得と、第11回朝日杯将棋オープン戦での藤井聡太四段と羽生竜王の対決が重なった日でした。

で、もうちょっとややこしいんですけど、
羽生竜王の奥様の理恵さんは、熱狂的なフィギュアスケートファンなんですよね。
ご主人の大切な対決のあった17日、理恵さんのツイッターのアカウントには「羽生結弦全力応援」と付けられていて、ここ最近で一番笑いました。
なんかいいですよね。

ちなみに、羽生竜王を破った藤井四段は愛知県瀬戸市の出身(在住?)です。
夕方の地元ニュースでは、勝利を記念して瀬戸市の商店街でグッズ販売とか飲食サービスを実施してることを紹介してたんですが、「こちらのサービスは本日の18時までとなっております」と、17時45分に流したのも笑いました。
となり町のうちから走っても間に合わんわ。

ニュースと言えば、個人的重大ニュースとしてこないだ栄の路上でナンパされました
「おねーさんご飯いかない?」って。
夜、しかも後ろから、しかも50過ぎのおっさんに。
誰でもいいんだろ!!

…ああ、でも私、若い時でもナンパ経験なんて2回しかないもの。
後ろからだから声かけてもらえたんだな…と思うとありがたく思えてしまって。
それにこのおっさんも、回数と年齢を重ねたことで後ろから声をかけるくらい投げやりになったのかもしれない、とか、振り向いた顔で判断するギャンブラーかもしれない、とか、私の後ろ姿が美しすぎたのかもしれない、とか、本当に女なら誰でもいいのかも…とかいろいろ考えてしまって。
「ご飯はもう食べたので行かないですけど、久しぶりに声かけてもらって嬉しかったです、どうもありがとうございます」とお礼をしておきました。
おっさんは「え〜行かないの〜?」とチャラかったが、ハートの強さを思うとかっこよかった。

そして、それを信号待ちの車の中で見ていた旦那が、
「ナンパされとったやろ、よかったな」とニヤニヤ言ってきたので、とりあえずムカついた。
2039377c0d04f1237a6010af12623239_s
旦那と言えば、バレンタインには本当に悲しい気持ちにさせられた。
バレンタインは、感度の高い名駅のオフィスレディから普段食べないようなチョコがタダでもらえる日なので、私はワクワクして待っている。
しかし!!旦那がもらってきたのは、近所のスーパーの特設コーナーに置いてあるメーカーの380円(推定)のやつだったのだ。
いただいておいて文句を言ってはいけないが「もっとあっただろう!」と。
値段だけじゃなくて、そのチョコレートから「ワクワクキャッキャと選んだ感」がまるきしなかったので、なんかもうバレンタインの風習自体やめたらいいのにと思った。

仕事もバレンタインも、予算がないならより工夫と愛が必要だ。

そして旦那にも「もっといいチョコもらえるようになれよ!」と思った。
というか言ってやった。
チョコが持ちきれなかったらいけないと手提げ袋まで持たせようと思ったのに!!!!!
43e4bb283128d0e495b54a91f2fd60f9_s
しかし後日、旦那から聞いた話。
会社でそのチョコレートを食べている先輩がいたらしく、旦那が「家に持ち帰らなかったんですか?」と聞いたら、「嫁が機嫌悪くなるから持ち帰れない」と。
新婚とかではなく、50代のご夫婦だそう。
しかも「え?お前の奥さんはチョコとか平気なの?」と聞かれ、「平気どころか楽しみに待ち構えてましたよ」と言ったら、「へー!!お前の奥さんってドライなんだな…」と言われたと。
逆に社交辞令のチョコにいちいち嫉妬できる方がすごいわ!!

一瞬、素敵な夫婦関係だなと思えたけど、もらったこと隠されてるの知ったら奥さん嫌だろうな。

そう考えると、いろんなタイプの奥さんに対応する商品選びをしなくてはいけない女子社員は大変だ。
でもそれを踏まえて選ぶのが楽しいんだけどなぁ。

もうすぐホワイトデー。
同じく奥様のセンスが量られるのはもちろん、単純に何をお返ししようかとワクワク心踊ってます。

年を重ねると、若い頃のいろいろがどうでもよくなったり、逆に強く現れたりする。
私も旦那もおっさんもそのご夫婦も。

なんだか感慨深いことに思えました。

 

Posted on 2018-03-06
語り尽くせぬスケート愛

IMG_9405_re
こんにちは!
気持ちは未だに平昌にあるマムハイブウシマルです。
今年のオリンピックはメダルラッシュで盛りあがりましたね!

 
以前こちらのブログにもちらりと書いたことがあるのですが、私はフィギュアスケート大好きおばさんです。
西川きよし師匠がどんな状況でも「神田川」を聴くと条件反射で泣いてしまうのと同じように、
私はどんな状況においてもソチオリンピックでの浅田真央選手のフリーを観ると大泣きしてしまいます。

他にもプロレスから野球までスポーツ全般観るのが好きなんですが、フィギュアスケートほど劇的なスポーツはないなと最近特に思うのです。
ただでさえ選手生命が短く、ピークも短い。だから世代交代も激しい。でもプライベートを犠牲にするほど膨大な練習を積んで、1シーズンに数回しかない試合で自分の理想とする演技を目指す。
私よりもずっと若い彼ら彼女らを見ていると胸に迫るものがあります。

そんな私にとって、日本男子がフィギュアスケートでワンツーフィニッシュを果たした今回のオリンピックは一生忘れられない試合になりました。

男子、女子、ペア、アイスダンス全ての選手を愛していますが、一番応援に力が入ってしまうのはやはり史上最高のフィギュアスケーター、羽生結弦選手ですね。
どこを切り取っても美しいオールラウンダー。難しいステップをしっかり踏んでから飛ぶ、軸が細くて綺麗なジャンプも、音楽に合わせた振り付けの工夫が詰まったスピンも、レイバックイナバウアーやハイドロブレーディングなど個性豊かなコレオシークエンスも本当に絶品なんです。
そんな羽生選手は現在SPでもFSでも歴代最高点をどんどん一人で更新し続けていて、ノーミスの完璧な演技はまさに圧巻の一言。

ですが、それとは別に私は時々無性に観たくなるプログラムがあるのです。

ひとつは、2012年フランスのニースで開催された世界選手権のFS「ロミオ&ジュリエット」。
フィギュアスケート好きの方の間では「旧ロミジュリ」の愛称で、伝説のように語り継がれている定番中の定番。2011-2012シーズンのFSプログラムです。
東日本大震災で被災した羽生選手は、一時練習リンクも使えなくなってしまったため遠方のリンクまで足を運んだり全国のアイスショーなどで練習を重ね、初出場を叶えた世界選手権。
ですが怪我をしていた影響もあり、SPで7位と出遅れて迎えた翌日のFSがこちら。

●2012年 世界選手権FS 「ロミオ&ジュリエット」

今と比べると全てが粗削りなのですが、心打たれるものがありますよね。
当時17歳だった羽生選手ですが、17歳にしか表現できない瑞々しさや実直さが痛いほどおばさんの胸を打つのです。
特に中盤繋ぎのステップで転倒してしまった時は、全おばさんが悲鳴をあげたでしょう。
そしてシーズン通してなかなか決まらなかった最後のサルコーが決まった瞬間、同おばさんが泣いたでしょう。
滑り終わって奈々美コーチの胸に飛び込んでくるところも、後から見返すとこれが最後のシーズンだったんだな…とそこでもじわっと。

そしてふたつ目は、2014年グランプリファイナルのFSです。
2014-2015年、羽生選手はアクシデントに次ぐアクシデントに襲われたシーズンでした。
腰痛のためフィンランディア杯欠場、初戦となったグランプリシリーズの中国杯では中国のハンヤン選手と衝突し、負傷。
怪我をしながらも気迫の演技で2位に入り、次いでグランプリシリーズNHK杯にも出場。しかしいつもの演技とはほど遠く4位となり、ファイナル出場は無理かも…と諦めかけていましたが、見事6位に滑りこんでグランプリファイナルに進出することができました。
前日のSPでは最後の3Lz-3Tのセカンドジャンプで転倒するも、ファンの不安を一蹴してくれるかのような美しいバラード一番を披露。
FSの完成度はどうなんだ…!とハラハラしながら見守った演技がこちら。

●2014年 グランプリファイナルFS 「オペラ座の怪人」

私はただでさえ映画オペラ座の怪人が大好きで大好きで何度も観ているので、プログラムがオペラ座と知った時点で発狂しそうだったんですが、期待を裏切らない、むしろ超えたプログラム。特に4回転トウループの音ハメが最高じゃないですか?最後の3Lzで惜しくも転倒するんですが、立ちあがった時の笑顔とその後のイナバウアーを見て号泣です。
あと私、羽生選手に限らずシェイ=リーン・ボーンの振り付けが好きすぎる。
ちなみにこの年は、羽生選手の他に無良崇人選手、町田樹選手と日本男子3人がファイナルに出場するというかなり胸熱なシーズンでした。

この他にもまだまだ語りたいプログラムが山ほどあるのですが、今日はこの辺で。
まだ聞いてあげられるよという方は直接会って話しましょう。友達になってください。

***

そして現在ヤフオクのチャリティで出品されている羽生選手のスケート靴ですが、一時入札額が3500万を超えたためマンションだ!マグロだ!とファンの間では騒然としたようですが、入札前にメールがなかったとかで仕切り直しとなり150万円まで落ち着いたようでよかったです。どっちにしても買えるか。

 

Posted on 2018-03-03
ラン活始めました!まずは土屋鞄へ!

IMG_9372_reこんにちは。先日、私が住んでいる地域で行なわれる有名なお祭り「はだか祭り」に初参加してきたcanappeです。参加と言っても見てきただけですが、ふんどし姿のおじさん達があちこち歩いてる姿はとても興味深く、見つける度に親も子も大興奮でとっても楽しかったです!

さて、本題に!
うちの長女は来年小学生になります。そこで必要になるのがランドセル!
まだまだ先の話だと思っていたのに、来年の春、手元にランドセルを用意しておくためには、もうラン活を始めないといけないみたいです。

そこでまずは、既にラン活を終えていたマムハイブメンバーのありちゃんから教えてもらった「土屋鞄」のランドセルを見に行ってみることに!

土屋鞄では無料で参加できるワークショップが毎日開催されているので、せっかく行くならと事前に予約してワークショップにも参加してきました。
今回はペンケース作りに挑戦!

かなづちを打つ長女↓
土屋鞄 ここね

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上がりはこちら↓
土屋鞄 ペンケース

 

 

 

 

 

 

 

 

そして肝心のランドセル写真はこちら!
土屋鞄 ランドセル

 

 

 

 

 

 

 

 

親としてはこんな感じのオシャレな色のランドセルを選んでほしいんですけど、気に入るはずもなく無理やりおねてもらった写真です。

この時、長女が気に入ったのはピスタチオグリーンという色のランドセルだったのですが、一見この色はないだろうという色だったにも関わらず、意外にもしっくりきて似合っていたのには驚きでした。さすが土屋鞄のランドセル!その他どの色も素敵で品があって、もう他は見なくてもいいんじゃないかと思わされました。
でもね…お値段にも驚きですよね。

私たちが子供の頃のランドセル選びってこんな大変じゃなかったはず!色は赤か黒しかなかったし、こんなに高くなかったはず!
これはじじばばも大変です。

土屋鞄のランドセルは4月に注文の受付が始まるみたいです。
色を決めれるかな… 他のブランドのランドセルも見てみたいなぁ…
4月ってもうあと少しなのに、モヤモヤがいっぱいです!

無事にラン活を終えたら、またここで報告させてください!

 

Posted on 2018-02-14
かっぱ寿司「食べホー」で回転寿司食べ放題!

IMG_9333_reこんにちは。
食べ物の中ではお肉と、お肉を巻いて食べるレタスが大好きなライター芝田です。

そんな肉食派の私ですが、
私の息子のはずなのに「肉より魚!鮮魚!刺身!!!」と、生魚が大好きな息子のたっての希望で
かっぱ寿司の「食べホー」に行ってきました。

みなさん、かっぱ寿司の食べホー、ご存知ですか?
名前の通り、以下のお寿司が食べ放題なイベントなのです!
IMG_6374IMG_6375 (1)

魚介好きの息子からするともう天国。
しかも食べ放題なのはお寿司だけではありません!お味噌汁に茶碗蒸しにラーメンにポテトに唐揚げにデザートに…。サイドメニューまで食べ放題という贅沢っぷり。さらにドリンクバーまで付いてます。

IMG_6372IMG_6377
早速張り切ってラーメンまで頼んでしまいました。あっさり醤油ラーメン。小ぶりであっさりしているのでお寿司の合間でもサラッといけちゃいます。

さて、肝心のお寿司の味ですが…美味しかったです。
100円寿司なのでもちろん高級寿司と比べるわけには行きませんが、何と言っても味にうるさくない家族なので、美味しい美味しい!と喜んで食べられました。全てサビ抜きなので、子どもも安心して食べられるのは回転寿司ならではですね。
少しネタは小ぶりかな?と思いましたが、小ぶりのほうがたくさん食べられるのでそこは気になりません。でも食べ放題じゃないときも小ぶりだったら嫌だなぁ 笑。

食べ放題の制限時間は60分。
最終的に2年生の息子が食べた数は16皿+バニラアイス!4歳の娘は7皿+枝豆、ポテト、プリン
IMG_6408IMG_6407
そして私も17皿+ラーメンやら茶碗蒸しやらプリンやらで本当お腹いっぱい!
息子はずっと「あー幸せ、あー幸せ、好きなだけマグロが食べられるって本当幸せ」を連呼しておりました。こんなことでそれほど幸せを感じてくれるなら、親はとっても助かります。

肝心の料金ですが、大人(女性)1480円、小学生780円、園児無料!特に園児無料がとってもアツいです。娘なんて1000円分は食べているのに無料だなんて!主婦としてはコチラの方に幸せを感じちゃいます。

このかっぱ寿司の食べホー、以前は期間限定・一部の店舗のみで行われていました。しかし再実施を望む声が多く、今月から全店舗で無期限で開催されたのだそう。
アプリで予約をしてから行くので、並んだり待つこともなく、スムーズに入店できます。
ただひとつ、大きな問題は「平日14~17時」限定ということ。ランチとディナーの合間で、お店にお客さんが少ない時間帯に限って開催していることを思えば、しかたないのかもしれません。この時間帯だと、家族で行きたくても働いてるから無理だーって人も多いはず。つまり平日休みの方以外、あえて休みをとらないと行けないのが少し残念なところです。
そして、私がこの食べホーにぜひ行ってほしいと感じたのは、我が家のように夫が出張や仕事などで一緒に夕食を食べる機会が少なくワンオペ育児を頑張っているママさんたち!きっと平日夕方5時なら行ける人も多いのではないでしょうか?園児も無料なことですし、たまには夕食作りもお休みして、ぜひ子どもと一緒にお寿司を食べにいってみませんか。お腹いっぱい食べることで普段のストレスも解消!きっと幸せな気持ちになれるかなぁと思います。
翌日、体重計に乗って後悔することまでがお約束ですけどね!