はちがゆか

Posted on 2017-12-01
(ネタバレなし)おすすめしまくってます、明治村の逆転裁判!

IMG_9301_reこんにちは!
この秋は家にこもることが多かったせいで、
←この写真の時から3キロくらい増えてしまいました
この備蓄を冬に持ち越さぬよう、どうにかウォーキングがしたいと考えているはちがです。

もう12月なのに昼間はまだまだ暖かくて、愛知ではギリギリ紅葉も見れそうですよ。

私は飛騨の山々に囲まれて育ったせいか、紅葉風景は特に珍しいこともなく、
紅葉+ライトアップ
紅葉+美味しいもの
紅葉+温泉
とか、何かが足されてないと紅葉を見に行くテンションが上がらないんです。

今年は運動不足も解消したく、選んだのは「紅葉+ウォーキング+謎解き」

明治村イベント2017秋
博物館明治村で開催されている「逆転裁判」とのコラボ企画
【大逆転裁判2 「容疑者」夏目漱石最後の事件 ゴーストライターの明暗】
に行くことにしました。

ネタバレしないので、行く予定の方も安心して読んでください。
明治村は私たちもよく原稿を書くことが多いんですが、実は日本で3番目に広いテーマパークなんです。
とは言え…入場料が大人ひとり1700円ってなんとなく高い…感じがします。
いやいやいやいや、これは結果的には1700円以上の価値があるということを実感したんですけど、最初は「明治の建物見て歩くだけで1700円て!」と思ってしまったんです、すみません。

そこで、お出かけスポットに行く時いつもチェックする「割引クーポン」の出番です。
クーポン大好き!!

旦那に会社帰りにチケットショップに寄ってもらい、「株主優待券」を入手。
この株主優待券、1枚で2名まで入場料が半額になるとのことで、500円でした。

つまり、
通常は大人2名で
1,700円+1,700円=3,400円のところ、
株主優待券で、
850円(半額)+850円(半額)+500円(株主優待券)=2,200円
と、1,200円もお得になるんです!

電話口で旦那に
「すごい!1,200円も安くなる!即購入!!!」と言ったら、
「なんでそうなる?意味がわからん」と言ってきた。は?
「何がわからん?850+850+500で2,200、簡単な計算」
「850って何?」
「半額!!!!大人1700円の半額で850円!」
「500円はどっから出てきた」
「だから株主優待券1枚500円!!!!!」
「なんでその計算式になるの?」
「大人2人が半額で入場できる権利を500円で買うの!!!!!!」
「どういうこと?わからん」
「いったん店出ろ!説明してやる」
いらいらいらいらいりらいらr全然わかってない。
一旦電話を切り、計算式と絵を紙に書いて写メするも、分かってない。
しまいには
「はぁ〜お前じゃ埒あかんで店の人に聞くわ」
「こっちのセリフじゃボケーーーーー!!!」

結局店員さんに聞いたのか「そういうことか、ようやく分かった」と納得して買って家に帰ってきたが、よくよく聞いたらまだ分かってなかった。

こんな、推理の前に読解力から怪しい旦那との参加でしたが、推理ゲームや脱出ゲームが大好きな私にとっては大した問題ではない。

問題は、成歩堂コースと、「難関」と銘打ってあるホームズコースのどっちに挑戦すべきか。
調べると、所要時間は2~3時間くらいで難易度はどちらも大きく変わらないらしい。好みでOK。
ひとり1コースずつ買って両コース同時進行も考えたけど、物語が結構しっかり作り込んであるらしく、ゆっくり紅葉を楽しみながらひとつの物語を満喫することにしました。

写真 2017-11-26 10 13 44選んだのはもちろんホームズコース1400円。物足りなかったら嫌なので。

朝10時、明治村到着(駐車場料金800円です)。
11月最後の土日、すでに結構混んでます。
このイベントに参加される方は、車を正門ではなく、北口の駐車場に停めてくださいね。
なんせ広大な敷地、イベント受付は北口からが便利です。

カラフルな紅葉と明治のレンガづくりの洋館は、普段パソコン画面ばかり見ている目を癒してくれる感じがしました。

推理は、ガイド本を読みながら、実際に明治村にある建物を移動しながら現場検証や聞き込みをしていく形です。
写真 2017-11-26 10 31 25

写真 2017-11-26 12 11 37
あまり載せられませんが、こんな感じで現場で証拠を集めて、証言との矛盾を指摘する…まさに逆転裁判の世界です。

難易度としては、謎解きがちょっと好きな人からしたら怯えるほどではありませんが、小学生は大人と一緒じゃないと難しいかも?
中には、謎解き脳でないと解けない問題もあり、旦那は「あの問題は一生かかっても解けない」と言っていました。
うん、お前はな。

10時半からスタートして、スムーズに謎解きしながら、いい具合に風景や建物も楽しみ、食べ歩きやお昼も食べて、あっという間に15時半!!!なんで!!?
ギリギリで無罪ゲットしました。
2コース同時にやらなくてよかった。

頭と体を同時に使えてめっちゃリフレッシュ。
12/10までと残すところあとわずかですが、この秋イチオシですよ。
前日に行った「フラワーズバイネイキッド(入場料ひとり1,400円滞在時間ゆっくり回って30分)」の100倍よかった。

明治村は、12月の土日祝はイルミネーションで20時まで営業しているので、さらに雰囲気たっぷりで楽しめると思います。寒いとは思うけど…
久しぶりに「また行きたい」と思える施設&イベントでした。

 

Posted on 2017-10-06
「your name」になるのかな

IMG_9301_reこんにちは、ライターはちがです。

この間テレビのお笑い番組で「地元愛ネタ特集」をやっていました。
流れ星のおふたりが、飛騨弁「はんちくたい」を連発していたのがなんとも不思議な光景でした…(はんちくたい→地団駄を踏むようにイライラする)。

ちなみに私の好きな飛騨弁は「そしゃそよ」です。
「それじゃあそういうことでよろしく頼みますね、さようなら」の意味をたった5文字で伝えてくれてラクだからです。

またまたちなみに、流れ星は私たちの5つ上で、同じ斐太高校の先輩なんです。
斐太高校は、ドラマ「白線流し」のモデルにもなっています。
もちろん私たち4人も卒業式には白線流しを経験したし、同窓会でのカラオケの締めは「空も飛べるはず」をみんなで大熱唱。
0db048322406acb3c631aeeed97e7002_s
そして斐太高校は、この秋に映画化もされる「氷菓」の舞台でもあります。
キャラクターが着ている制服や校舎なんかもそのままで、私たち4人もえるたそのような可憐な女子高生だったわけです。
いまでも学校は、小説やアニメファンの聖地として多くのファンが訪れているようですよ。

(余談ですが、マスコミ取材や無断撮影が多くなったため、セキュリティが前にも増して厳しくなっています。
私たちのこのホームページの写真も本当は飛騨高校の図書館で撮りたかったのですが、時期が悪く許可が取れず…
その後、同級生の結婚式のお祝いムービーを高校で撮るぞ!とウシマルと職員室に突撃した時もNG。
「卒業生です!」「怪しいもんじゃありません!」と、制服姿で懇願する30過ぎの女2人を見た先生たちはさぞ悲しかっただろう)

そして「聖地」といえば、高山の隣の飛騨古川は、映画「君の名は」の舞台ですね。
先日やっとDVDで観て、壮大で素敵なストーリーではあったけど、飛騨弁だけが気になってしまった。
「なんでやさ〜」とか。

ハリウッドで実写リメイクされるというけど…あの情緒はどうやって再現するのか?
流星よりも爆発が派手になりそうな予感。
「リング」の二の舞みたいな。

とは言え、飛騨地方が注目されることはこの上なく嬉しく思います。
長い間、観光地として知られる飛騨エリアですが、まだまだ注目できる要素がたくさんありますよ。

高山の取材などありましたら、ぜひ地元出身ライターであるマムハイブにご相談くださいね。
最後は宣伝でした、そしゃそよ!

 

Posted on 2015-12-18
切手を見直す年末

IMG_9301_reコピーライターはちがです。
お客様へのメールに「知りたいそうです」と入力しようとしたら、「尻体操です」とアホな変換をするmacが可愛いです。

「お願いいたします」は「尾根がい痛します」になるし、学習機能や予測機能は一体どこにいってしまったのかと思うほどひどいです。
が、可愛いです。

さて、12月も終盤!いつの間に。
我が家は訳あって年末の大掃除をすでに終えましたが、仕事ではちょっと切手の整理をしてみることにしました。
去年、切手の値上がり(50円→52円、80円→82円など)に備えて買った2円切手や、年賀状の書き損じはがきと交換した10円や1円という切手たちがわんさか余っています。

並べて見てみると、デザインテイストやテーマがバラバラ。

写真 2015-12-18 18 08 35
ハチさんの切手はもちろん所持

 

写真 2015-12-18 18 07 51
うさぎさん!逃げてぇ!

 

写真 2015-12-18 18 11 04
平和な世界。

 

写真 2015-12-18 18 42 53
これ使えるのか?(特に真ん中)

とまぁとにかく少額の切手が多いので、ここは思い切って今月末のご請求書にたくさん貼っちゃおうと思って。
82円の封筒なら、50円、30円、2円とか。
中でもお付き合いが長かったり、シャレが利きそうだったり、あまり気にしなさそうだったりするお取引先にはもっと細かく貼っちゃおうと思ってます。切手は切手だから。
写真 2015-12-18 12 51 23
切手の数=信頼関係の証
という訳ですね。
こんな風にお取り引き先との関係性を改めて考えたりするのも年末ならではかなと。

ちなみに、↑の写真下部も写っているロマンスグレーの1円切手は、
スクリーンショット 2015-12-18 18.17.13
だそうです。
「切手」と名付けた方であればそりゃ1円切手にふさわしいわな。

なんだか切手の世界が楽しくなってきた。
来年は身近な切手を集めてみようかな?

新しいことを考えるのはワクワクしますね。
そして無駄をなくすことはもっと最高!

2015年の私のブログはこれで最後です。
来年もどうぞよろしくお願いしま〜す!

 

Posted on 2015-11-11
姫路の夜とタモリクラブ

IMG_9301_re大好きな「ほしたこ」が切れて仕事に集中できないはちがです。
程よく柔らかくて口の中で噛めば噛むほど味が出るものが食べたい。
つまりたこ。
ネットで取り寄せようと調べたら、商品よりも北海道からの送料の方が高くてやめました。

え?たこの話は聞き飽きた?
その耳のたこすら食べたい。

そんな私、企業インタビューのためはじめての出張に行ってまいりました。

はじめての姫路(前入り)。
姫路駅

駅前は新しいファッションビルが連なってて、駅前の通りを歩くと商店街がズラーリ。
まっすぐに姫路城が見えます。

名古屋でいうと、名駅と大須と名城公園が一箇所にある感じ。
便利すぎる。

到着が夕方だったので、私はそのままアパホテルにチェックインして夕食へ。
最上階のレストランで豪華セットをいただきました。
夕食
9月頭なのに寒くて寒くて豆乳鍋に癒され、夜の姫路の街を眼下に見ながら一人旅に想いを馳せ(まだ到着して1時間)。

いつもなら子どもの預け先(旦那の実家)の様子やどうしているかがついつい気になっちゃうんですが、ここまで離れているともう何かあってもすぐに行けないという諦めからか、母としての自分を忘れていました。
こういうのもたまには大切なことです。

夜の街に繰り出す勇気もなく、部屋に戻って取材準備にとりかかる真面目な私ピース。

部屋

ここでそのまま寝とけば良かった。
ちょっとした確認がしたくて、寝る前にmamhiveメンバーのウシマルに電話してしまったのがいけなかった。

IMG_9405_re

「…じゃあそういうことでよろしく〜おやすみ」
「あ、あんたもしかして今ホテルの部屋にひとり?」
「そうやけど」
「ひひひひひひひひひひひひ」
「ちょっとやめて」

「あれ?なんかお経が聞こえん?」
「やめてよ」
「ほら、耳をすませてみ」
「やめろ」

「今夜は枕元に姫路城の落武者が立つぞ〜〜〜〜ひひひひひ」
「うるせーやめろーーーーーー(ピッ)」

こういう友達ひとりはいませんか?

お前の秘蔵写真と動画をこの世にある限りのSNSを使って拡散してやろうか。

電話を切ってひとりになるとなんだかすべてが怖い。
絵画の裏、洗面の鏡、引き出しの隙間…おもてなしの折り鶴すらなんか怖い。

ウシマルへの復讐計画を練りながらも、どうしても落武者がちらついて寝れないのでテレビをつけてみた。

マッチョタモリ

両隣の客からクレーム来るくらい笑いました。
そしてこの写真のおかげで眠れました。
ありがとうタモリさん。

しかし翌日、取材先でこのテレビ画面を写した写真を見られてしまい「マッチョ好き」だと誤解されてしまいましたがまぁいいです。

取材先の医療美容室「レゴリス」さん。
ママ起業家でもある増田さんに元気をもらって、また頑張れそうです。
レゴリスさん

次の岡山までの少しの時間に姫路城へ!
ジャンプでターーーーッチ!
ジャンプ1 ジャンプ2

岡山でのインタビューは、オーダー下着の「カノン・コード」さん。

今回の2箇所はたまたま女性起業家、そして「がん」をテーマにした企業への取材でした。
ぜひ多くの女性に読んでいただきたいインタビュー、発行の際にはお知らせしますね。

岡山駅前
この写真を撮るのが精一杯だった岡山、また行きたいな。
娘へのお土産のきびだんごはしっかり買いました。

 

Posted on 2015-10-14
干したこ再び…いらぬ乙女心の後悔

IMG_9301_reこんにちは〜。
先日、名駅に打ち合わせに行ったついでにiphoneを直してきたのに、またヒビを発見してしまったコピーライターはちがです。
でも3ヶ月保証つきなので大丈夫!
今度は無料で直してもらえるはず。

さて、その日は打ち合わせ、iphone修理ともうひとつ大切な用事がありました。
用事というかもはやミッション。

高島屋で開催している秋の北海道展で干したこを買う。

前回買った干したこ2000円がすぐに消滅してしまい、たこレス症状に悩まされる毎日から脱却すべく、うやうやしくミッションを遂行してきました。

iphone修理に出してきたから画像は一切なし。

平日とは言えさすがの北海道物産展。おばさま方と若い主婦で賑わっています。
まずは腹ごしらえにイートインコーナーで醤油ラーメンを頂きました。
平日のひとりラーメンは最高!そして、カウンターにおひとりさま女子がずらりと並んでラーメンをすする光景は素晴らしい!仲良くなれそう。

そして、試食しながらぶらーりと会場をめぐり、発見!
前回とは違うお店でしたが、イケメン風お兄さんが干したこを売っていました。
写真 2015-10-11 21 15 22
お値段は右上に、たったこれだけで3240円とな。
「2袋なら5,000円にしますよ〜」とか一体どういう計算式なのか分からない言葉に5分くらい悩んで、「ゆっくり食べるから1袋でいいです」ってセコ丸出しで1袋を購入!

しかし、すけすけビニール袋に入れられてしまったので、カモフラージュのためにROYCEのポテトチップチョコレートとパッケージが可愛かったフロマージュを買って、干したこを挟んで帰ることに。
結局5,000円になってしまった。

今回の干したこ。
前回のものより味が濃くて美味しいです。しかもちょうどいい柔らかさを保っててこりゃ仕事もはかどる。
1日1本と決めていたはずなんですが、なんやら理由をつけて2本、3本と食べてしまったせいなのか、「ほれ、うまいやろ?」と娘や旦那に自慢げに食べさせてしまったからなのか。
今見たらもう半分になってしまっていました!2日で1,500円ぶんも食べてしまったのか。

やっぱり2袋買えばよかった。
見栄はって女子スイーツ買うくらいなら自信マンマンに干したこ2袋買えばよかった。

待ってろよ、次の北海道物産展!

 

Posted on 2015-09-17
イカ好き女の告白

IMG_9301_re「はちがいかに改名しろよ」と言われるほどのイカ好きで知られるはちがゆかです。

大きな仕事が無事に納品されたら、自分へのご褒美はもちろんイカ。
スポーツ選手がガムを噛んで競技に臨むのと同じように、あたりめをしゃぶりながらの仕事は集中力が違います。
しかし以前、作った資料をお客さんに提出したら「この紙なんかイカ臭い」と言われたことがあり、それ以来、プリンタ出力前後のイカの取り扱いには注意しています。

また昔からアゴが弱く「イカのせいで顎関節症になったんやろ」と言ってくる方もいますが、アゴの激痛で2度医者に駆け込んだのは、飛騨のビーフジャーキーとチーズのダッチブレッドを噛みちぎったのが原因ですので。
むしろ日々のイカ噛みで鍛えられたのか年々アゴが強くなっております。

7f83ccea8f6b0ec536ce04f9d51d3528_s

とにかく「イカ好き女」と言われて20年以上の私ですが、
ひとつだけどうしても言いたいことがあり書かせていただきます。

 

 

(深呼吸。)

 

 

私はイカよりもタコが好きです。

 

もう一度。

イカよりタコです。

 

私を知らない人は至極どうでもいい情報だと思いますが、友人たちは今頃アゴはずれてるんじゃないですかね。

なんでイカばっかり食ってるかというと、単純にタコの珍味は高くて滅多に買えないからです。
言わばタコの代わりにイカ食ってるんです。

そしていま!私の隣にあるのがこの世の宝「ほしたこ」
先日、松坂屋の大北海道展で即買いしました。
2,000円握りしめて列に並びました。

タコイカ

松坂屋を出たところで耐えられず開けてしまい、駅に向かいながら少しずつ食べてしまいました。
この日曜、久屋大通でタコ足をくわえながら歩いていた女は私です。

あたりめよりもソフトな食感に、芳醇な香り。
噛めば噛むほどじわ〜と口じゅうに海が広がります。

タコ噛み、いやタコ神!

まぁ〜1本まぁ〜1本と鎌倉ハムのKウインナー並みに食べてしまい、すでにもう無くなりそう。
そしてまたイカの日々に戻るのです…。

 

Posted on 2015-07-02
夏、イライラ、そして青春の思い出へと続く。

IMG_9301_reコピーライターはちがです。
梅雨の合間にも夏の陽気を感じる日が増えてきましたね。

私は名古屋の夏が苦手です。
それはもちろん避暑地・飛騨で育ったからです。
そしてなによりもエアコン代がかさむからです。

冬は何かを着れば寒さをしのげますが、夏はたとえ裸になっても暑い!

あと「夏生まれなのに夏が苦手なの?」とよく言われますが、それってなにか具体的な相関関係が証明されてましたっけ?
こんな感じで暑いせいでイラッイラしてしまいます。
「夏生まれだからひまわりが似合うね〜」これは嬉しいです。でも最近全然言われません。
3e53b4709e8178e2b54a4a0685ca26a0_s
ちなみに8月生まれです。はちがではちがつ生まれ。
昔から制汗剤は8×4(エイトフォー)のみと決めています。
8月4日です。もう覚えて頂けたと思います。あと2ヶ月ですね。

また冬になると「高山に比べたら名古屋の冬なんて全然寒くないでしょう」とも言われますが、そもそも寒さのタイプが違います。
飛騨の冬は毛穴がキュッと締まるような厳しい寒さはありますが、こちらのように服の中まで吹き込むような都会の風はありません。
風が強い名古屋の冬も苦手です。
生まれ育った場所が体質を決めるのでしょうか。

他によく言われることが、
「雪国育ちだからお酒強いでしょう」
はい、お酒が大好きです!

「実家は旅館かお土産屋かなにか?」
普通のサラリーマンの家庭です。

「やっぱり合掌造りの家に住んでるの?」
あれは世界遺産ですが。

「雪国育ちなのになんで地黒なの?」
それは放っておいて。

このように、離れてみて分かった飛騨へのイメージ。

高校時代の夏休み、私と友人が部活へ行こうと混雑した古い町並を通りかかると、観光客のおっさんに「こんなとこにミニスカートの女子高生がいると台無しだなぁ〜!」と大声で言われ、友人が「こっちにはこっちの生活があるんじゃ!」と食ってかかって部活に遅れたことがあります。
飛騨にはミニスカートの女子高生がいないイメージがあったみたいです。
3a7166b5eba928ee7e268e9bde61bcd0_s
ちなみにその友人は美容ライターのウシマルです。
酸いも甘いも一緒に経験した仲間は強いですね。

夏休みか…いいな。

 

Posted on 2015-05-11
【ワーママピックアップ】子育てコーチにインタビュー。

IMG_9301_reコピーライターはちがです。

1年以上、ライターという立場を利用して様々なプロにお会いしている役得なお仕事。
自営ワーママクラブさんのインタビュー企画【ワーママピックアップ】が更新されました。

今回は、元保健室の先生である子育てコーチ、三浦真弓さんにインタビュー!
だだっ子への対処、思春期特有の心と体の悩み、母親の立ち位置などなど…子育て中の女性にきっと共感していただける内容をお話ししてくださいました。

あえてボイスレコーダーは使用せず、その場で感じるパッションのままに書くのが私のスタイル。
すれ違うすべての人に何か聞いてみたい!
こういったインタビューや座談会はワクワクの連続です。