BLOG

気ままにブログを
更新しています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. BLOG
  4. 鬼嫁の言い分。

鬼嫁の言い分。

IMG_9693_reもうすぐ3月だというのに、さっきニュースで見た地元高山は粉雪が舞っていました。
よくあんな寒いとこでミニスカート履いて自転車に乗っていたなと思い出すだけで震える三十路です。

いや、震える原因はこれじゃない。
昨日のことですが、夜中まで仕事をしていてやっとキリがついて「さあお風呂に入るぞ〜」と服を脱いでお風呂のドアを開けたらお湯が抜かれていました

私 「コラァ〜!オイィ〜!」
旦那「はいはい何?」
私 「風呂の湯抜いたやろゴラァ!」
旦那「あ!しまったごめーんシャワー浴びてー」
私 「………チッ」

いつもなら罵声を浴びせるところを、かるーい舌打ちだけで終わったのは私がすでに裸だったからです。
裸で怒鳴り散らす光景ほど情けないものはありません。

世間では私は鬼嫁とか言われていますけど、うちの旦那も大概だと思うんですよね。
お風呂の湯を抜くドジくらいは全然許せるんですけど、それまでの間にも私は「仕事キリつかんで先にお風呂入って!」、旦那がお風呂から上がってから「よし、もうすぐでお風呂に入れる〜!」「よし終わった!風呂行く〜〜〜〜」と目の前で言っているのです。

なのに湯を抜く!その後も気付かない!それが許せない!

「男ってそんなもんよ」
いや絶対違うし、うちの旦那は違うし。

家ではパジャマが前後ろ反対。上も下も前後ろ反対の事もたまにあります、わけわからん。

旦那の朝はパン食(自分で作って食べる)なので、パンが残り少なくなると私が買い足しておくんですが、次の日、新しいパンの袋を開けて食べてます。

カレーを作るとき、キャラクター鍋に子ども用の甘口、普通の鍋に私たち用の辛口で分けて作っているのに子ども用の方食べます。子どもの分が無くなってしまい、私に言われるまで気付きません。

インナーシャツを裏返して洗濯機に入れるので、むかついて裏返しのまま干してたたんだら裏返しのまま着ています。

旅行に出かけて、宿泊先のアメニティの歯ブラシがブルーとピンクなのにピンク使います。

旦那がお気に入りのマ・マーのパスタソース「ポモドーロ」をみんなで食べようとおつかいをお願いしたら「ボロネーゼ」買ってくるし。しかも1人前。
次週、今度こそ食べたいとまたお願いしたら、また全く同じ「ボロネーゼ1人前」買ってくるし。

娘の財布に「なぜか1000円もの大金が入っている!」とメールをしてきたので、「おもちゃのお札やろう」と返信したらやっぱりおもちゃのお札でした。ありえない。

写真 2015-02-27 18 52 32

結婚して何年もずーっと同じようなことで怒ってます。
しかも、上の会話でも分かるように「ごめーん」とか「そっかぁ」とか軽い反応にイラ度が増します。

書き出せば枚挙にいとまがないと言うか、書き出さないと怒りの矛先がないと言うか…
みなさんの家庭もこんな感じですか?

はぁ〜…今日こそゆっくりお風呂に入りたいです。

関連記事